教員紹介


teachers
名古屋外国語大学 現代国際学部 現代英語学科

佐藤 雄大
Sato Takehiro

教授

コミュニケーションから文化を絡めて人のこころ・アイデンティティの作られ方を研究しています(難しそうですが楽しいですよ)。「英語」の背後にある異文化的特色がわかると今まで謎だったことがよりはっきりわかるようになってきます。プライベートではロックが大好きです、ギターも弾きます、ドラムもたたきます。Back NumberからLady Gagaをギター弾きながら歌えます!

略歴

1993.4~2007.3 愛知県立高等学校教諭(英語)
2007.4〜2009.3 英語非常勤講師(名古屋外国語大学、名古屋市立大学、名城大学など)
2009.4〜2011.3 名古屋大学教養教育院特任助教
2011.4〜2013.3 名古屋大学教養教育院助教
2013.4~2018.3 名古屋外国語大学現代国際学部現代英語学科准教授
2018.4~ 名古屋外国語大学現代国際学部現代英語学科教授
2013.4~現在 名古屋外国語大学現代国際学部現代英語学科教授
2014.4〜2018.3 愛知淑徳大学交流文化学部専門ゼミ担当(非常勤)
2014.9〜2019.03 放送大学 愛知学習センター 面接授業担当「英語ニュースで学ぶライティング」

 

研究・専門分野

研究分野:英語教育、ライティング、コミュニケーション、ヴィゴツキー心理学
専門分野:心理学・コミュニケーション・教育


ゼミナール

心理学とコミュニケーションから文化を考える

ゼミでは心理学・コミュニケーション・文化をテーマにしてしっかり文献を読み、発表・討議できる力を養っていくことを目標にしています(今年は多文化主義・アイデンティティをテーマとしています)。授業外では学年関係なくゼミで集まり、ゼミ旅行、映画鑑賞、食事会などを行い、「本当のコミュニケーション力」の育成を行い、そこから得られる経験や知見もゼミの活動として重要なものだと位置づけています。

 

卒業研究のテーマ例:
・セクシュアリティ再考
・日本とアメリカにおける笑い感覚の違い
・言語と思考の相互関係について


ギャラリー


主な研究業績

【著書】
題名 単・共 発行日 発行所名 備考
『英語コミュニケーション活動と人間形成』 (25-36) 2006年8月 成美堂
『リーディングとライティングの理論と実践―英語を主体的に「読む」・「書く」』(英語教育学大系第10巻) 2010年5月 大修館
博士論文 『ライティング・プロダクト分析を中心としたダイアローグ・ジャーナル・ライティング研究』 2012年3月 名古屋大学 学位論文
『対話を用いた英語ライティング指導法- ダイアローグ・ジャーナル・ライティングで学習者をサポートできること』 2015年2月 渓水社 科学研究費研究成果公開促進費による出版
『日本人のための英語ライティングセンター構築の可能性とその実現計画』 2015年3月 名古屋外国語大学 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書
【学術論文】
題名 単・共 発行・発表日 発行雑誌又は発行学会等の名称 備考
過程中心指導理論にもとづくダイアローグ・ジャーナル・アプローチを用いた英作文指導 2002年3月 STEP Bulletin. 14. (財団法人日本英語検定協会)
第二言語学習における「最近接発達の領域」 2006年12月 『ヴィゴツキー学』第7巻
A Review of Writing from Japanese Perspectives 2008年1月 『JACET中部支部25周年記念論文集』
Collaboration in Writing Education 2011年9月 大学英語教育学会
学生の成長に伴う「楽しさ」-反射的楽しさと社会的楽しさ- 2012年5月 『新英語教育』
日本人のライティングセンター調査:日本人のための英語ライティングセンター構築の可能性 2013年3月 名古屋外国語大学現代国際学部『紀要』第9号
学習者ライティング・プロセスへの介入・支援について-認知的ライティング・プロセス研究に基づいて- 2014年3月 『現代社会と英語-英語の多様性をみつめて』
Development of cognitive writing process studies (1): Early research history of Janet Emig 2014年3月 名古屋外国語大学現代国際学部『紀要』第10号
日本人のための英語ライティングセンター構築への提案 2014年12月 JACET中部支部紀要12号 査読有
Contemporary International Studies Special Lecture B –A Project Aimed at Promoting Global Perspectives in Studies– 2015年3月 名古屋外国語大学現代国際学部『紀要』第11号
The Significance of Attempts by Japanese Students to Learn in English from Foreign Diplomats : Contemporary International Studies Special Lecture B 2016年3月 名古屋外国語大学現代国際学部『紀要』第12号
CIS Special Lecture B: One Step Forward-From Active Learning to Deep Active Learning- 2017年3月 名古屋外国語大学現代国際学部『紀要』第13号
Transformational Pre-Study Abroad Preparation 2017年8月 SIETAR Japan Annual Newsletter Spring 2017 査読有
Peer-Led Study-Abroad Preparation 2017年10月 KOTESOL Proceedings 2016 査読有
Intercultural competence in pre-study abroad participants: Exploring intercultural attitudes, knowledge and ideas about intercultural communication prior to a sojourn 2018年1月 南山大学『アカデミア:文学・語学編』103号 査読有
A New Approach to an English Lecture with a Large Audience: From Peter F. Drucker’s Points of View 2018年7月 名古屋外国語大学論集 第3号 査読有
ヴィゴツキーの「書きことば」論:『幾何学の起源』におけるフッサールとデリダの議論との比較 2018年11月 ヴィゴツキー学別巻第5号
【学会発表等】
題名 単・共 発行・発表日 発行学会等の名称 備考
Exploring Complexity of Dialogue Journal Writing 2011年6月 Symposium on Second Language Writing 2011 Howard International House, Taipei, Taiwan
Collaboration in Writing Education 2011年9月 JACET50回国際記念大会 西南学院大学
学習者英語ライティング・プロセスへの介入に関する認知的モデル研究 2012年7月 第42回中部地区英語教育学会岐阜大会 岐阜じゅうろくプラザ
学習者と教員の成長を目指した英語授業の事例研究-中部支部授業学研究会の事例に基づいて- 2012年9月 JACET51回国際大会 愛知県立大学
相互行為による学習者ライティングの発達 2012年11月 第14回ヴィゴツキー学大会 神戸市勤労会館
対話がライティングプロダクトに与える影響 2013年6月 第29回JACET中部支部大会 岐阜聖徳学園大学
日本人のための英語ライティングセンター構築の可能性:ライティングセンター訪問調査分析 2013年8月 JACET第52回国際大会 京都大学
The Present Situations of Writing Centers in Japan 2013年10月 Symposium on Second Language Writing 2013 Shandong University, Jinan, China
日本人のための英語ライティングセンター構築への提案-リテラシー支援に焦点を当てて- 2014年6月 第30回(2014年度)JACET中部支部大会 椙山女学園大学
英語教育・研究における社会文化的アプローチ:ヴィゴツキー発達心理学に焦点をあてて 2014年8月 JACET第53回国際大会 広島市立大学
Transformational Pre-study Abroad Preparation 2016年9月 2016年度異文化コミュニケーション学会第31回年次大会 名古屋外国語大学
Pre-study abroad peer preparation Intercultural communication 2016年10月 The 24th Korea TESOL International Conference Sookmyung Women’s University (Korea)
CIS Special Lecture B: One Step Forward–From Active Learning to Deep Active Learning– 2016年10月 JACET中部支部2016年度秋季定例研究会 中部大学名古屋キャンパス
Peer-Led Study Abroad Intercultural Preparation 2016年11月 JALT 2016 42nd Annual International Conference on Language Teaching and Learning & Educational Materials Exhibition ウィンク愛知
ヴィゴツキーのライティング論:そのシステムと教育的示唆 2017年11月 ヴィゴツキー学第19回大会 神戸市勤労会館
思考力と英語ライティング力を育成するサマリーライティング活動ー英語専攻学科と放送大学での事例に基づきー 2018年6月 JACET中部支部2018年度大会 愛知大学
授業学研究会(中部)の現状と問題点について 2018年8月 JACET第1回ジョイントセミナー 京都府立大学

教員一覧へ戻る